憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

テスラ主導によるEV戦略大転換時代と新しい自動車業界の創出

ニュース

テスラ主導によるEV戦略大転換時代と新しい自動車業界の創出
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

日経が特集した「EV大転換」時代の潮流


2017年8月9日から、日経が「EV大転換」と題した3回シリーズの特集を組みました。

「海図なき戦いだ 欧州発ドミノ トヨタ走らす」と題した第1回目のレポートは、以下から見て頂けます。



100年超続いたエンジンの時代の終わりが見えてきた。英仏政府は2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売を禁止し、中国やインドは環境規制を盾に自動車産業での下克上を狙う。トヨタ自動車とマツダは電気自動車(EV)の共同開発に向け資本提携を決めた。うねりを増すEVシフトはあらゆる産業に大転換を迫る。

出典 http://www.nikkei.com


詳細は、その記事を見て頂くとして、そのポイントを要約すると・・・。

EV電気自動車市場で立ち遅れたトヨタが、昨年2017年12月に「EV事業企画室」を開設。そして、従来の開発期間の2分の一の3か月後にEV試作車を完成させた。

この異例のスピードは、トヨタの豊田章夫社長をして「海図なき戦いだ」と語らせる危機感の裏返しとする。

そのEVドミノの主要因はヨーロッパと中国の動きにあること。

としています。
  
^^^^^^^^^^^^^^^^^
そのトヨタの状況について、私の別のブログで、上記の「EV事業企画室」設置が発表された直後に、以下のように書きました。



トヨタの焦りは、前述した引用記事内で

「トヨタは走行距離の長い燃料電池車(FCV)を次世代環境車の本命とする。走行時に水しか出さず「究極のエコカー」とされるFCVだが、量産が難しく水素の充填インフラも未整備。開発が容易なEVが先に普及すればトヨタのシナリオに狂いが生じる。」

としていることに表されています。

これについては、同様、私の別の以下のブログで過去触れています。





自動車関連業界も大きな変革のうねりの中に・・・

テスラが主導し、大手自動車メーカーが追随し、他の業界からのプレーヤーも急ぎ参入するEV電気自動車業界。

しかしそれは、当然、従来の自動車関連部品や素材メーカーにも、戦略大転換を迫ります。

次回、その動きをレポートした、日経「EV大転換」シリーズ第2回を元に考えてみることにします。


憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸